男性を癒す医者

パートナーが性病を患ってしまった場合、適切な対処を行うことができなければ自分まで感染してしまう可能性もあります。自分は性病にならないと思っている人は少なくありませんが、恋人や配偶者から病気をもらってしまう可能性があるので、正しい対処法や予防法を知っておくことが重要です。正しい知識がなければ、知らず知らずのうちにパートナーから性病をもらってしまう可能性があるので、予期せぬ感染を避けることができるようにしておきましょう。

もしもパートナーが性病になってしまったと発覚したのであれば、自分も感染していないか検査を受ける必要があります。パートナーが病原体を保有してからセックスを行ってしまった場合は感染している可能性がありますし、病気の種類によってはセックスをしなくてもうつってしまうものがあるのです。キスや回し飲み、タオルや食器の共用でもうつってしまうことがあるので、性行為を行っていなくてもパートナーから病気をうつされているかもしれません。医療機関を受診したり検査キットを用いたりして、自分まで性病に感染していないかチェックしておきましょう。性病であった場合は自分が苦しい思いをしてしまうことはもちろんですが、治療したパートナーにうつしたり、その後またうつされたりして感染を繰り返す可能性があるので、対処法として検査をしておくことが大切です。

パートナーから病気をうつされていなかった場合は、これからうつされてしまうことがないように対処しておくことも重要だと言えます。恋人や配偶者が性病を患っているのであれば、基本的には完治するまで性行為を行うべきではないでしょう。多くの場合はコンドームを用いることで感染を防ぐことができますが、コンドームが破れていたり途中で外れたりしてしまうと意味がありません。病気の種類によってはセックスやオーラルセックスを行わなくてもうつってしまうものがあるので、感染する可能性がある行為は控えるようにしてください。

自分のパートナーが性病になってしまったのであれば、まずは自分も病気になっていないかどうかチェックしておくことが大切です。感染していた場合は治療を行う、うつされていなかった場合はうつってしまうことがないように対処する必要があります。性病と無関係だと思っている人は少なくありませんが、パートナーが感染してしまった場合は他人事ではありませんので、しっかりと対処するようにしてください。