• ホーム
  • 今でも放置しておけば危険な梅毒の症状と原因

今でも放置しておけば危険な梅毒の症状と原因

2019年12月06日
男性を診ている医者

性感染症を放置しておくと重篤な症状を引き起こすことがあるので病気の早期発見や早期治療が大切ですが、梅毒も放置しておくことで重症化しやすい病気だと言えます。どのような原因で感染してしまうのかということを知り、感染することがないように気をつける必要があるでしょう。病状についても正しい知識を持って、感染してしまった場合には梅毒であることにすぐに気がつけるようにしておき、万が一のときには早期治療が実施できるようにしておくことが大切です。

梅毒はセックスやオーラルセックス、アナルセックスを行ったときに皮膚や粘膜の傷口から病原菌が入り込むことが原因で感染することが多いと言えます。原因菌は精液や膣分泌液、血液などの体液だけではなく、病変部にも存在するので挿入を伴わない行為でも感染することを知っておかなければなりません。口に病変部があればキスでもうつってしまうことがあるので、梅毒を患っている人とはキスしないなど注意しておく必要があります。

他の性感染症の場合は男女で症状が大きく異なるケースもありますが、梅毒は性別に関係なく似たような症状があらわれると言える病気です。感染して約3週間後、感染した場所に軟骨のような硬さを持つしこりが生じて、太もものリンパ節に痛みのない腫れが見られるようになります。これらの症状は放置しておくと2週間から3週間でなくなりますが、感染して約3か月後には別の症状があらわれるでしょう。

約3か月後には赤茶色の盛り上がり、手のひらや足の裏の発疹、ピンク色の円形のアザが見られるようになります。この他にも肛門や性器周辺にイボができてしまったり、脱毛が起こったり、喉の奥に腫れが見られたりするようになるはずです。ただし、これらの症状は数か月から3年ほど続いた後、自然と消失してしまい、その後はしばらく何も起こらない無症状の期間に突入します。感染して3年以上経過すると皮下組織に大きなしこりができ、末期まで進行すると心臓や神経、血管や目などに重い症状を引き起こすでしょう。

セックスなどが原因となって起こる梅毒を放置してしまうと、最終的には重篤な病気を招いてしまいます。過去に不治の病として恐れられていた梅毒は早期発見や早期治療を行うことができなければ、医療技術が進歩した現在でもとても危険な状態になってしまうはずです。どのような原因で梅毒に感染してしまう可能性があるのかということや、感染したときの具体的な症状を知り、いざというときは早期治療を実施できるようにしましょう。