• ホーム
  • 性病の感染経路と予防方法は?パートナーとも確認しておきましょう!

性病の感染経路と予防方法は?パートナーとも確認しておきましょう!

2020年02月10日

性病に感染しないようにするためには感染経路や予防方法を理解しておくことが大切ですし、自分だけではなくパートナーにもこれらの知識を持ってもらうことが重要です。たとえ自分が感染しないように気をつけていても、パートナーが意識していなければ、そこから感染してしまう可能性があるので注意しておきましょう。性感染症の予防をひとりだけで行っても意味がないので、必ずパートナーと知識を共有してふたりで予防するようにしてください。

病気の種類によって感染経路は大きく異なりますが、性病な多くは性行為によって感染します。コンドームを使用せずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスが感染経路となってしまうことは非常に多いです。病原体は精液や膣分泌液、血液などの体液に存在していることが多いので、コンドームを装着せずにセックスを行うと体液と粘膜や傷口が接触してしまい、そこから感染してしまいます。コンドームを正しく装着することで感染を防ぐことができる確率が高まるので、性行為を行う際にはコンドームを使用するようにしましょう。

性感染症のなかには、タオルや食器の共有で病気がうつるものもあるので、家族などに性病を患っている人がいる場合は注意しておく必要があります。性行為以外ではうつらないと思っていると、このような経路から感染してしまうかもしれないので注意しておきましょう。親しい間柄であっても、性感染症の疑いがある人と肌や口に触れるものを共有しないようにしてください。

性病に感染しないようにするためには、不特定多数の相手と性行為を行わないことや性風俗を利用しないことも有効な予防方法だと言えます。性感染症の多くは性行為で感染しますが、最近は性風俗のオーラルセックスで感染する人が増えているので注意しておくべきです。このような経路で病気をうつされ、さらにパートナーにうつしてしまう人が少なくないので、性風俗の利用についても話し合っておくことが大切だと言えます。

自分やパートナーが性病にならないようにするためには、ふたりで感染経路や予防法について勉強しておくようにしましょう。どちらか一方が間違った知識を持っていれば性病になってしまう可能性があるので、そうならないように感染経路や予防方法をパートナーと学んでおくことが大切です。性病を確実に予防したいと考えるのであれば、パートナーにも協力してもらうことを忘れないようにしてください。